2017/02/26

antique






肥松に彫られた 大黒様

旧家から出てくる いわゆる民衆仏

昔 百姓たちは戦の火事から家を守るために

地中にお守りとして埋めていたそうです

その後 掘り出され 大切に受け継がれてきたのです

へたすぎるその造形も愛らしく

真っ黒にすすけた姿から

永い間 じっと静かに

家屋 庶民の生活を見守ってきたのでしょう

それにしても袋の表現がひどすぎる 笑