2017/02/28

2017/02/27

antique





経石 多字一石経

12世紀後期 末法思想の流行に従い 

後の世 弥勒菩薩の再生に備え

劣化の少ない石に墨で写経し地中に埋め保存した


近世では広く祈願や供養 功徳に用いられるようになり


多くの塚や塔から発掘される



石に染入る墨の感覚が伝わってくるような


静かな祈りの造形です



2017/02/26

antique






肥松に彫られた 大黒様

旧家から出てくる いわゆる民衆仏

昔 百姓たちは戦の火事から家を守るために

地中にお守りとして埋めていたそうです

その後 掘り出され 大切に受け継がれてきたのです

へたすぎるその造形も愛らしく

真っ黒にすすけた姿から

永い間 じっと静かに

家屋 庶民の生活を見守ってきたのでしょう

それにしても袋の表現がひどすぎる 笑






2017/02/25

moyai-kougei






鎌倉もやい工藝  日本の手仕事展 〜3/1(水)

やむちん おんた焼は勿論 民芸が揃ってました

島根県 石見焼 嶋田窯のおろし皿(大)を購入

おろしてそのまま食卓に



2017/02/24






2017/02/23





2017/02/22

2017/02/21

recommend


















Richard Lin 林壽宇


2017/02/20

remake







あきらめきれず

最終的にこうするしかなくなりました

80年代感は失わないように

クリームソーダ色に

もう 捨てようかと思っていたので

ナウくなってよかったです






2017/02/19

slipware







スリップウェア

クリーム状の化粧土で 装飾して焼いた陶器

この本すごく良かった

オールカラーで写真も良いし

丁寧に製作の行程まで

我が家のスリップは薬味入れ

アンティークの角皿とかピッチャー

やっぱりほしいなぁ




2017/02/18

kanzuri







父の漬けた瓜の漬物

おいしくてたまりません

漬物が食卓にないと口がさみしく

食事がしまらない...

最近 教えてもらった ”かんずり”

これは新潟の珍味でなんとも不思議な味わいに

年寄りみたいで可笑しいのですが

味覚の成長なのか それとも衰えか 笑

お客に漬物 出しはじめたら

本物だな





2017/02/17

grab







古着素人が "grab" 働きはじめて1年

古着の山のなかで 目を引くものは

やっぱり 驚きの値段なんです

良いものは高い どの世界でも当たり前ですね

先日 オーナーが被ってるニット帽が

なんでもないんですが なんか格好良くて

私も欲しいというと 3万円ぐらいよ

と言われました...


ですので サーマルくらいから

これは70年 40年代のものですが

肉厚でなんかスゴくいんです

うんちくは知りませんが

モノからつたわる感じがあるんですよね 違うんです 

もしか エベレストに登ったのかもね




2017/02/16






2017/02/15




2017/02/14

you-ichi





イベントでいつも行列ができる

you-ichi 焼き菓子とジャム

牛田早稲田で販売してるとかしないとか

曖昧な話をしていたところ

友人からお手伝いしてるから来て

とウソみたいな偶然にビックリ

非常にお忙しいようで

月に一度 開けるか開けないか

場所も分かりづらく迷うこと間違いなし

SNSの情報をチェックですね

タルトとジャムをいただきました

めちゃくちゃ美味しかったです





2017/02/13

recommend









酒器 欲しいな

良い杯で日本酒飲む会

やりたいな







2017/02/12

botanical life




冬眠中のはずなのに 生命感がスゴい

春になったら 爆発するかも




2017/02/11

botanical life









今夜は満月

小さな花が咲いていました





2017/02/10




2017/02/09

remake




リメイク失敗...




どうしても取れないシミがあって

あきらめて 染めてみたのですが

漂白剤がシミのまわりに残ってたみたいで

まだらに...

これでビッグクッション作ろうと思ってたのに

もうもどらない 80年代ファブリック 

ポップ・ボーイ笑 

あぁ悔やまれる 染める前は 熱湯でよく洗うこと

以後 気を付けます







2017/02/08

recommend


















































photos  Tatsuo Suzuki